緊張型頭痛の原因

首や肩にコリがあり、後頭部、側頭部などの鈍痛、締め付けられるような痛み、頭が重い、揺れているような眩暈がするなどがあれば、それは緊張型頭痛の可能性があります。
緊張型頭痛は起きれないほどの痛みではありませんが、毎日のように同じ症状を繰り返すという特徴があります。
加えて少し体を動かしたり、お風呂などで温まると痛みが取れるのも特徴です。

 

緊張型頭痛を発症する人は年々増加していて、原因は前傾姿勢にあると考えられています。
パソコンやスマホなどを使う機会が増えているために、首を前に傾けるような前傾姿勢を取ってしまい、それが首、肩に大きな負担を掛けることが原因です。

 

成人になると頭の重量は5キロに達しますが、それを支えているのは首と肩です。
首が前傾姿勢を支えているのを分かりやすくイメージすると、リンゴ飴を思い出してください。
リンゴに割り細い木の棒が刺さった状態になっていますが、まっすぐになっている時は安定しているものの、斜めにすると途端に棒の部分に力が加わって若干曲ったように見えます。
これと同じことが頭、首、肩で起こっているのです。

 

緊張型頭痛は繰り返し発症するのが特徴ですが、徐々に回数が増えて行く傾向にあります。
そうなると痛みに対する不安が増大するだけでなく、痛みどめの頭痛薬を常習するようになり問題が深刻化してしまいます。

 

パソコンで長時間作業する場合は、1時間おきなど定期的に休憩を挟むようにしましょう。
またスマホに関してはパソコンよりも前傾姿勢になることで首に過度の負担がかかります。
ながらスマホはもちろん、電車などで立っている時もスマホを覗き込むようにして操作するのはなるべく避けた方が良いでしょう。


緊張型頭痛の予防法

緊張型頭痛を予防する、または発症しても悪化させない方法として正しい姿勢でいることが重要です。
パソコンで作業をする場合は、定期的に休憩を挟むことを意識しながら椅子に深く腰を掛けて背筋を伸ばして頭は両肩の中心に来るようにして作業しましょう。
正しい姿勢でパソコンを操作していると、画面との距離が思った以上に遠く感じるかもしれませんが、それだけ普段から画面に近づいて前傾姿勢になっていることの証拠です。

 

またパソコンのディスプレイが正面を向くように調節してください。
複数画面を使って作業する場合は、それぞれの画面に正対することを意識しましょう。
斜めに座ったり、椅子に浅く腰掛けて背もたれにもたれながら作業するほうが、作業しているときは楽に感じるかもしれません。
しかしそれはその瞬間だけのことで、間違いなく首、肩には負担が掛かっているのです。

 

仕事をしている時はその負担に気が付かないものの、夕方や帰宅する時間になると首や肩の痛みに気が付くケースが圧倒的に多いのです。
その日限りであれば緊張型頭痛になるリスクは低いですが、それを毎日のように繰り返していると負担が蓄積されていき緊張型頭痛を発症してしまいます。
そして発症したあとも、同じような姿勢でい続けると症状はどんどん悪化してしまうのです。

 

同じことがスマホ操作でもいえます。
パソコンよりも画面が小さいことと手に持って操作することから、視線が胸の前に自然と向きます。
本人は視線だけを動かしているつもりですが、実際には頭の向きが完全に斜めになっているので、首にかなりの負担がかかります。
実はスマホを胸の前で操作するほうが、パソコンで長時間作業するよりも首には負担が掛かっているのです。
また、近くを凝視することで目にも負担がかかり、眼精疲労などを併発し頭痛の種を作ってしまいます。